ようかいしりとり

ようかいしりとり

試し読みする

商品番号 2326
作家 おくはらゆめ 作
年齢の目安 4歳から
ページ数 32ページ
サイズ B5変型
価格 定価 1,404円(本体 1,300円)
ISBN 978-4-7721-0239-1
発行年 2018年発行

関連カテゴリ

妖怪のことならなんでも知っている「ようかいはかせ」のところに、妖怪の名前でしりとり対決をしようと、「ろくろっくび」と「ざしきわらし」がやってきて……。
NHK  Eテレ「おかあさんといっしょ」で、絵本作家のおくはらゆめさんが歌詞とアニメーション原画を担当した人気の歌が、たのしい絵本になりました!

愛読者カードより

    • 4歳の息子は、まだしりとりがわかっていなかったのですが、この本でわかってきたようです。そして妖怪にも興味津々です。あまりにおどろおどろしい絵だと、一緒に読むこちらの気がちょっとすすまないのですが(笑)、おくはらゆめさんの絵がほのぼのとしていて可愛らしい妖怪に見えるのと、簡単に各妖怪の特徴が書いてあり読みやすいので、親子一緒に妖怪博士になりつつあります。息子は、裏表紙の“きつねのまど”を一生懸命手で作って、私の方を見ています。(東京都 K・Iさん)
    • “おかあさんといっしょ”の歌を知ってから、本に出会い、毎日ページをめくりながら歌っています。どんな妖怪なのかも覚えて説明してくれるほどハマっています。お気に入りは、だいだらぼっち。「力持ち」「お山を作ってスゴイね」と言っています。怖がりながらも、オバケや妖怪が気になる年頃です。(神奈川県 H・Kさん)
    • ろくろっくびがだんだん汗をかいて首がぐるんぐるんになっていく姿に「わぁ~」と声を上げていました。「『ずんべらぼう』やって。」と言われたときには困ってしまいました(笑)しりとりのルールをなんとな~く理解し始めたところなので「『ん』がついたらダメなんだよね」と話しながら楽しみました。(東京都 M・Sさん) 
    • “おかあさんといっしょ”のDVDでこの歌を知り、本屋さんでこの本を見つけた時にはすぐに購入を決めました!1歳半の息子は絵本好きという事もあり、すぐにこの本を気に入りました。いつもは数ヶ月たっていくと新しい絵本にシフトするのですが、『ようかいしりとり』は毎日必ず棚から出して、「読んで」「歌って」と持ってきます。1ページに1つの妖怪が出てくるので、理解しやすく面白いのかもしれません。(東京都 A・Sさん)
PAGE TOP